2007年11月08日

ミソパン

小学生の頃の話。
汚い話になるので苦手な人はご遠慮ください。

トイレ。
学校で用を足す時、小は気にせずできるが大をするのは勇気がいる。
暗黙のルールで大はできない空気があった。
私は小学校で一度も大はしていない。

そのせいか下校時には頻繁にもよおす。家に着く頃には発射ギリギリのラインまでになっていることもしばしば。
そこまで我慢して家に着いた時に用を足すのが最高に気持ちが良かった。今考えればただのドMだ。

そんな快感に酔いしれるも、たまに失敗することもある。
先っちょだけちょっぴり出てしまう。
ミソパン(味噌付パンツ)の出来上がりだ。

この頃からおバカでした。

そんなこんなで今は便秘症。
さすがに今はミソパンは作らない。(弁明)


この話、あなたは理解できますか?
posted by チェンコ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 逸話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6597010

この記事へのトラックバック